What is the Tsuki no Shizuku Foundation? 
Tsuki no Shizuku Foundation was established in 2017 to promote aquaphotomics research.   It aims to support fundamental science as well as technology development through aquaphotomics.  The Foundation wants to pave a way for a better world and to provide a free environment for scientific development in aquaphotomics.  The Foundation is willing to share all of the results with the world.

一般財団法人 月のしずく とは

2005年、神戸大学農学研究科生体計測工学研究室ツェンコヴァ・ルミアナ教授により提唱された新しいオミクス研究分野、アクアフォトミクスを応援するために2017年に結成されました。

当財団は、皆様と最先端の水と光の研究の現場を繋ぐものであり、またアクアフォトミクスを通して見えてくる水の役割、いのちの仕組みをいち早く伝え実用化していく役割を担っていきます。

(一財)月のしずくの活動指針
●アクアフォトミクスにおける国際的基礎研究、応用研究、学会、テクノロジー開発の支援
●研究者の育成、教育(一般、科学者)機関の充実
●水の構造を通して水の機能を表すAquagramアクアグラム(共通言語・標識)の普及

What is the meaning of aquaphotomics? 
Aquaphotomics was introduced in 2005 by Prof. R. Tsenkova at Kobe University, Japan.  It is a field of science that investigates water spectral patterns as a source of holistic information for biological and aqueous systems. In aquaphotomics, ‘aqua’ stands for water and ‘photo’ stands for light. Water on molecular level has been found to be matter and energy mirror.

For more information about aquaphotomics, we refer to the website www.aquaphotomics.com


アクアフォトミクスとは
アクア(水)フォト(光子)オミクス(関係性を全て紐解く)= アクアフォトミクス

電磁波の光を分光し、水分子スペクトルをintegrative bio marker(統合的バイオマーカー)として生体システムを分析及び理解しようとする研究で、今や農学、医学、物理学、量子力学など多岐に跨る世界最先端科学研究現場において注目を集めています。画期的な研究が多数なされており、今後、全てのオミクスを繋ぎ、いのちの本質を解明していく可能性を大いに秘めた研究分野です。

研究成果、実用例
●リアルタイムモニタリング
水質、微生物の成長、ヨーグルトの発酵など
●病気診断
乳房炎症、紫外線によるDNA損傷、植物のストレスメカニズムや温度耐性など
●生体分析
パンダ、乳牛、オランウータンなどの受精のタイミングをピンポイントで特定するなど
●量子力学
温度変化による水コヒーレンスの観測

※アクアフォトミクスの詳細、研究論文などはこちら参照
http:///
www.aquaphotomics.com

Why Tsuki no Shizuku?  
The image of the Japanese character ‘Tsuki(moon)’ is associated with light crating life.   While ‘Shizuku(drop)’ is associated with water receiving light information.  In other words, ‘Moonlight is imprinting the breath of the universe into the water structure’. 

なぜ「月のしずく」なのか?
月’は生命を育む光をイメージし、‘しずく’はその光の情報を受け取った水をイメージしています。 言いかえると、‘月の光’が宇宙の「いま」を水の構造に書き込んでいるということなのです。 月のしずく財団の名前は、これらのイメージにちなんで名づけられました。