April 12th, 2019

4.The 3rd Aquaphotomics International Symposium was held from 2 to 6 December at the Westin Awaji Island Resort.
Please see the following aquaphotomics website.
https://www.aquaphotomics.com/kondo-test/
The following grants were given to this international conference. Other grant items will also be listed.

2017 grant contents / Persons eligible for subsidy / Subsidy amount 1.Aquaphotomics Conference in Europe Cost / Zoltan Kovac / 7262.76 euro 2.Aquaphotomics and HP's HP construction cost / Everine van de Kraats / ¥ 456,175 3.Aquaphotomics International Conference Cost / Kobe University / 1,000,000 yen 4.Aquaphotomics research database and additional examination cost / Kobe University / 5,910,125 yen

2018 grant contents / person targeted for furtherance / amount of furtherance 1. Collaborative research with Luc Montanje (1st) / Tsenkova Roumiana. Zoltan Kovacs Iordanov Kolio / 2,064,295 yen 2. Collaborative research with Luc Montanier (1st) / Zoltan Kovacs Yelena Muncan / 6571.4 CHF 3. Travel expenses for participants of the Aquaphotomics International Conference / Aquaphotomics Society / 2,832,912 yen 4. Collaborative research with Luc Montagnier (2nd) / Zoltan Kovacs / 3901.36 euros


第三回アクアフォトミクス国際学会が12月2日~6日まで兵庫県淡路島ウエスティンリゾートにて開催されました。
詳しくは下記、アクアフォトミクスのホームページをご覧ください。
https://www.aquaphotomics.com/kondo-test/
本国際会議に対して以下の助成を行いました。
他、助成案件も併記します。

平成29年度 助成内容 / 助成対象者/助成額
1.欧州におけるアクアフォトミクス会議の開催費用 / Zoltan Kovac / 7262.76ユーロ
2.アクアフォトミクス及び当財団のHP構築費用 / Everine van de Kraats / 456,175円
3.アクアフォトミクス国際学会開催費用 / 神戸大学 / 1,000,000円
4.アクアフォトミクスの研究のデータベース化及び追加試験費用 / 神戸大学 / 5,910,125円
       
平成30年度      
1.リュック・モンタニエ教授との共同研究(第1回)/ Tsenkova Roumiana. Zoltan Kovacs Iordanov Kolio / 2,064,295円
2.リュック・モンタニエ教授との共同研究(第1回)/ Zoltan Kovacs Yelena Muncan / 6571.4CHF
3.アクアフォトミクス国際学会の参加者に対する旅費助成 / アクアフォトミクス学会 / 2,832,912円
4.リュック・モンタニエ教授との共同研究(第2回)/ Zoltan Kovacs / 3901.36ユーロ



June 18th, 2018

3.Tsuki no Shizuku Foundation Regular council  was held on June 18th 2018.
月のしずく財団定時評議会が2018年6月18日に開かれました。


会議では決算報告に対して監事の本田 壽秀 様より、妥当な内容である旨の確認報告がなされ、新たに評議員として山中 伸一 様が選任されました。


August 24th, 2017

2. First European Aquaphotomics Meeting was held on April 28-29, 2017 in Lugano, Switzerland 第1回「ヨーロッパ アクアフォトミクス ミーティング」がスイスのルガノ市で2017年4月28~29日に開かれました。
The First European Aquaphotomics Meeting was held on April 28- 29, 2017 in Lugano, Switzerland. Among the 24 participants were scientists from many European countries, with guests from the United States and Japan. The aim of the meeting was to bring together scientists from multiple disciplines related to water research to discuss future perspectives of aquaphotomics research from different points of view. 
At the end of the first day, the establishment of the Tsuki no Shizuku Foundation and its support for the meeting and aquaphotomics research was announced.  In his letter, Mr. T. Hama, the Chairman of the Tsuki no Shizuku Foundation, explained the aim of the Foundation to support aquaphotomics research and to share its results for a better world. This message was very well received by the audience!

ヨーロッパ各地からの科学者に、アメリカと日本からのゲストを加え、総勢24人がスイスのルガノ市に集まりました。 このミーティングの目的は、多岐にわたる水の研究に関連のある科学者達を集め、異なる視点からアクアフォトミクス研究の今後の見解について話し合うことでした。 ルガノ市での初日ミーティングの最後には、「月のしずく財団」の創設と、アクアフォトミクス研究のためのサポートについての内容が発表されました。 代表理事の濱剛氏を代弁する手紙の中で、アクアフォトミクス研究をサポートするための目的とその結果をよりよい世界のためにシェアすることが述べられました。 このメッセージは、参加者に熱く伝わりました。


July 25th, 2017

1.Tsuki no Shizuku Foundation Establishment Meeting was held on Friday,July7th2017
月のしずく財団総会が2017年7月7日に開かれました。
On Friday, July 7th 2017, the first general meeting with all officers of the Foundation was held in Hashimoto, Wakayama prefecture, Japan.  The chairman of the Foundation, Mr. T. Hama, said in his opening address: “The aim of the Foundation is to promote aquaphotomics research, and share the outcomes of the research, for the sake of the world. We have just started, but I want to send this heartfelt feeling out into the world and to collect and connect more supporters”.

2017年7月7日(金)和歌山県橋本市に「月のしずく財団」メンバー全員が集まり、第1回「月のしずく財団」総会が開かれました。当財団代表理事の濱剛(はまつよし)氏は、その オープニングスピーチで、「当財団結成の目的は、アクアフォトミクス研究を促進するためであり、また世界の為にこの研究結果を公表することです。当財団はまだ結成されたばかりですが、この結成に対する心からの熱い気持ちを世界に伝えたいと考えております。また当財団を支えてくださる方々とのつながりを広げていきたいとも考えています」と話しました。